Top page  1/6
14
2017

Notorious Virgin - 奇形種に愛された少年 -...完結済

CATEGORYBL小説
今回は、ちょーーーーーーリピート無料小説サイト”ムーンライトノベルズ”に掲載されていた作品をおすすめしたいです!!


作者は樋口奏様という方が書かれたものです。

Notorious Virgin - 奇形種に愛された少年 - ☞ 直リンク http://novel18.syosetu.com/n5308dj/

あらすじ:
偏屈な機械オタクの暁傑(アカツキスグル)は、学校の屋上から投身自殺を図ったはずだった───なのに、気づけばそこは700年後の世界。第三次世界大戦で一旦滅びかけた人間は、放射能汚染で異形の変体となった「奇形種」と呼ばれる生き物と戦っていた。戦争による破壊でテクノロジーを失った未来。そこで出会った仲間たちと奇形種退治の旅をするうちに、スグルは機械に注ぎ込んでいた関心や愛着をようやく人に対しても育むようになる。スグルアカツキ───第三次世界大戦で世界を破滅へと導いたとされるその悪名高き人物は、愛ある未来でどう生きるのか。 完結しました、ありがとうございました。 ★番外編 「Notorious Virgin -暁傑の夢の断片-」もあります。よろしくお願いします。 ★R15版もアップしました。結末(ラスト2話)を違ったものにしています。

カップリングとしては、

世界のDNAを掛け合わせたような奇跡の容姿をした長身美形 × 機械にしか興味がない少年

もーーーーやばかったっす!
他人に関心が持てなく、スグルの世界はいつも機械が中心
夢は自分と機械だけの世界で生きること
そのため”今”の世界はスグルにとっては、価値のない世界

そんな世界とさよならをするための自殺…だったのに気が付けば700年後の世界
その世界では何百年も前に日本は消滅していた
”スグルアカツキ”たった一人の男によって

700年後の世界、グローバルで一人の女と二人の男に出会い
放射能汚染でされた奇形種退治の旅に同行するにあたって今まで知ることのなかった様々な感情がうまれる

日本を滅ぼし、世界を滅ぼそうとした”スグルアカツキ”の正体は?

衝撃のクライマックス!!!!

胸が締め付けられるような結末で涙が止まらなかったです。

気になる方は是非是非読んでみてください。

04
2016

『すべてはこの夜に』…この世で一番幸せな4年間を覗いてみませんか?

CATEGORY裏家業
英田サキ先生によるBL小説『すべてはこの夜に』  おすすめ度:★★★★★



あらすじ:借金を帳消しにしたければ、ある男を撃ってこいーー。闇金から逃れるため、不穏な取引を承諾した加持(かじ)。ところが目的の場所にいたのは、大学時代に別れた恋人で、二度と会いたくなかった男・湊(みなと)だった!! 冷酷な極道に変貌した湊は、「撃たれて死ぬか土下座で許しを乞うか、どちらか選べ」と無情に告げ!? 裏社会に生きる極道と、堕ちた男の愛憎の果て──(koboより)

キターーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
英田サキ先生によるアウトローな漢たちの愛憎劇!!


先生の作品はほんとにストライクど真ん中
作中に出てくる男たちがまた格好いいのなんのって
なんなら脇役でも一冊本が出来るんじゃ!?ってぐらいの人物設定がすんばらしいのなんのって

そして今回は2007年に発売されたものの新装版(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

ここからネタバレ

主人公の加持は、わけあって闇金からお金を借りますが、返済は火の車!
そんなどん底の日々に、知らない男からの危ない仕事を持ち掛けられます。
それが、”ある男を銃で撃ってこい”という危険な仕事

闇金から一刻も逃れたい加持は、了承し宅配業者に変装し
”ある男”のいるマンションに潜入します
当然、一般人の加持は胸元に忍ばせている銃とこれから起こる惨劇におびえながらも
後には戻れない、と目的のドアの前まで来ます。

不慣れな銃に、ビクビクしながらも不幸中の幸いか人は殺さず
足だけ撃てという依頼に心を決めます。

そんな葛藤の末、ドアのチャイムを鳴らし出てきた男を撃とうとした瞬間、
なんと、ある男とは大学時代の元カレ”湊”だった。

この世で一番会いたくない男と最悪のかたちで再会した加持

なぜ、加持は闇金に手を出したにか?
そして、湊と加持の間にある溝とは?

愛することを初めて知った男は、愛し方を知らなかった。
この世で唯一愛した人に忘れられるくらいなら…憎まれたい



そーしーて!湊×加持だけではない!!

スピンオフで、湊の世話役”武井さん”の物語 『夏の花』・『春に降る雪』

武井さんのこの世で一番幸せな4年間を描いた物語

もう涙なしでは読めない。゚(゚´Д`゚)゚。
1ページ1ページ捲るたびに涙が溢れ、胸が張り裂けそうなほどの切なさと愛おしさ

「死ぬのは怖くない……。全然、怖くないんだ。だけど、ひとり残される君のことを思うと、心が張り裂けそうになる。

それだけが心残りで、いてもたってもいられなくなるんだ。靖之……。君をひとりにしたくない。君を置いて逝きたくない……」


このシーンが一番胸に来ましたね。
もう1人で、「武井さんのそばにいてーーーーー!!!」って叫びそうになるくらい苦しかった。

是非気になる方はチェックしてみてください。











29
2016

『二重螺旋』現在10巻

CATEGORY兄×弟
吉原 理恵子先生によるBL小説『二重螺旋』  おすすめ度:★★★★★



あらすじ:父の不倫から始まった家庭崩壊ーー中学生の尚人(なおと)はある日、母に抱かれる兄・雅紀(まさき)の情事を立ち聞きしてしまう。「ナオはいい子だから、誰にも言わないよな?」 憧れていた自慢の兄に耳元で甘く囁かれ、尚人は兄の背徳の共犯者に…。そして母の死後、奪われたものを取り返すように、雅紀が尚人を求めた時。尚人は禁忌を誘う兄の腕を拒めずに…!? 衝撃のインモラル・ラブ!! (楽天koboより)

秋の夜長にBL小説はいかがでしょうか?
今回は、吉原 理恵子先生作品『二重螺旋』をご紹介したいと思います。

わたくしの大大大好物カップリング兄×弟!!(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ
現在10巻まで発売されているのですが、この小説の表紙も見どころです。
表紙画はあの!円陣 闇丸先生!!
ここではまだご紹介していないのですが、素敵な作品が在りますゆえ、近じかご紹介できたらと思います(* ´ ▽ ` *)
でっ!お話は戻るのですが(表紙のこと)、第一巻が2001年に発売されました。
もちろん、この時の表紙も素敵なのですが、二人の変化に注目してください!弟の尚人は兄に比べると控えめな美しさではありますが、そこから醸し出される色気は年を重ねるごとに目立っていきます。対する兄の雅紀は生まれながらの王者ですね!
弟がユリなら兄はバラ。圧倒的な美しさとと天性の才能。まさに神に愛された男。その危ない色気に危険だと分かっていても引き付けられる人々。回を重ねるごとに表紙の二人がますます素敵になっていくので是非注目してほしいところです。

ここからネタバレ注意!!

プロローグは、雅紀中学生、尚人が小学生の時から始まります。
幸せの象徴ともいえる家族での尚人の誕生日会。
何気ない日常が当たり前のように続くと思っていた、尚人に待ち受けていたのは
父の不倫と家出というあまりにも辛い出来事でした。

父を愛していた母は体調を崩し、お金もなく給食費も払えない日々。
離婚届を書いてくれたら、慰謝料を払うという父の非情な発言

そんな頻拍した家庭を兄の雅紀がいくつもバイトも掛け持ちして支えるんですよ(泣)

そんな兄をみた、兄大好きな尚人は自分の無力さに嫌気がさし、
少しでも兄に嫌われないように家庭の事を率先してするんです。

そんな兄大好きな尚人ですが、またまた突然の悪夢が起こります。
それが、大好きな兄と母がS●Xをしていたという青天の霹靂イベント

さてさて、雅紀と尚人の二人はどうなるのか?
二重螺旋の意味とは??


気になった方は是非チェックしてください!!






17
2016

『テッペンカケタカ』全3部完結

CATEGORY裏家業
石原理先生によるBLコミック『テッペンカケタカ』  おすすめ度:★★★★★




あらすじ:同じ病院の、同じベッドで生まれた、とらとさくら。暴力と嘘と欲望だらけの町で、ふたりはお互いの絶対的な信頼だけを支えに生きていた。けれど、さくらが十五の夜、とらは突然姿を消した。それから二年。高校生になったさくらの前に、成長したとらが現れた。あの頃のように暴力に傷つけられることもなければ、嘘にふりまわされることもない、さくらへの欲望を抱いた男になって──! (koboより)

初の石原理先生作品!!
物語は、ある男の帰国から始まります。
その男というのが、寅(とら)
今回の主人公です

寅の突然の帰国にあらゆる組(やくざ)関係の
人たちが慌てふためき
いかにして彼を自分の組に連れて帰るか
奮闘するシーンから第一部は進みます。

なぜ寅は日本を出ていたのか?
どうして突然日本に戻ってきたのか?

その謎が全3部にわたり書きしるされます

第一部は寅が小学3年、さくらが5年生の時代まで遡ります
生まれた場所も、住んでいるところも一緒の彼ら
互いにろくでなしの親から育てられる日々を過ごしますが
いつもそばにさくら(とら)がいるから
つらくても頑張れる
互いにとって大切な親友

そんなろくでもない日常にある日変化が起きます
その大きすぎる変化に
二人は精一杯気張っていきます

「俺はもうさくらだけおったらええ
世の中なんもいらん

せやから...
何があっても
俺を置いて行かんといてな さくら」


そう寅はさくらにこぼしますが
ある日そんな言葉をこぼした寅が
さくらの前から消えてしまいす

なぜさくらを置いて寅は消えたのか?

涙なしでは語れない二人の壮大な物語
気になる方は是非チェックしてください!!













17
2016

『スタンド・バイ・ミー』全三部完結

CATEGORY年下×年上
おおや和美先生によるBLコミック『スタンド・バイ・ミー』  おすすめ度:★★★★★



あらすじ: 八田秀史25歳、モデル。誰からも好かれる癒し系の彼が撮影現場で出会ったのは、売れっ子モデルでバイセクシャルのハル。才能はあるが、人を寄せ付けない気むずかしいハルに手を焼く秀史だが、真剣に向き合う秀史にハルの心は次第に解けていくのだが・・・!? (koboより)


今回紹介するBLコミックは、おおや和美先生による『スタンド・バイ・ミー』
これまで紹介してきた中で初の年下攻めアンド、初のおおや先生作品!\(//∇//)\

全体的にトーンが薄めで柔らかい感じの作品でした
この作品は全部で三部あり完結しています

秀央は普段穏やかで彼の周りだけマイナスイオン
が醸しだされているのか?というくらいの
雰囲気の青年なんですけど
ひとたび恋をするとその人なしでは生きていけない
そんな自分が怖い、だから恋愛はもうしない
と意味深なことを友達のまえでこぼします

ですが、そんな秀央なんですが
はじめて同じ事務所のハルと一緒の撮影の時
彼の姿を見た瞬間から
知らない間にこころは動いていたのだと思います

ハルの傲慢な態度がなんだかこどもの駄々をこねるみたいに
思えた秀央なんですが、あまり関わりたくないと思いながらも
放っておくことができません

あれよあれよという間に
二人は一緒に住むことになるのですが
普段仕事場で見ていた傲慢なハルの姿からは想像できない
穏やかで静かな空気が
二人の間を流れていきます

そんなハルの姿にドキッとする秀央が
とてもかわいかった

若いからこそつぱしってしまう恋を味わい
好きだけでは一緒にいることはできないと知り
ただただ彼のそばにいて
二人だけの世界に閉じこもっていたい

そんなもどかしい二人の恋を覗いてみませんか?