『二重螺旋』現在10巻

0 -
吉原 理恵子先生によるBL小説『二重螺旋』  おすすめ度:★★★★★



あらすじ:父の不倫から始まった家庭崩壊ーー中学生の尚人(なおと)はある日、母に抱かれる兄・雅紀(まさき)の情事を立ち聞きしてしまう。「ナオはいい子だから、誰にも言わないよな?」 憧れていた自慢の兄に耳元で甘く囁かれ、尚人は兄の背徳の共犯者に…。そして母の死後、奪われたものを取り返すように、雅紀が尚人を求めた時。尚人は禁忌を誘う兄の腕を拒めずに…!? 衝撃のインモラル・ラブ!! (楽天koboより)

秋の夜長にBL小説はいかがでしょうか?
今回は、吉原 理恵子先生作品『二重螺旋』をご紹介したいと思います。

わたくしの大大大好物カップリング兄×弟!!(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ
現在10巻まで発売されているのですが、この小説の表紙も見どころです。
表紙画はあの!円陣 闇丸先生!!
ここではまだご紹介していないのですが、素敵な作品が在りますゆえ、近じかご紹介できたらと思います(* ´ ▽ ` *)
でっ!お話は戻るのですが(表紙のこと)、第一巻が2001年に発売されました。
もちろん、この時の表紙も素敵なのですが、二人の変化に注目してください!弟の尚人は兄に比べると控えめな美しさではありますが、そこから醸し出される色気は年を重ねるごとに目立っていきます。対する兄の雅紀は生まれながらの王者ですね!
弟がユリなら兄はバラ。圧倒的な美しさとと天性の才能。まさに神に愛された男。その危ない色気に危険だと分かっていても引き付けられる人々。回を重ねるごとに表紙の二人がますます素敵になっていくので是非注目してほしいところです。

ここからネタバレ注意!!

プロローグは、雅紀中学生、尚人が小学生の時から始まります。
幸せの象徴ともいえる家族での尚人の誕生日会。
何気ない日常が当たり前のように続くと思っていた、尚人に待ち受けていたのは
父の不倫と家出というあまりにも辛い出来事でした。

父を愛していた母は体調を崩し、お金もなく給食費も払えない日々。
離婚届を書いてくれたら、慰謝料を払うという父の非情な発言

そんな頻拍した家庭を兄の雅紀がいくつもバイトも掛け持ちして支えるんですよ(泣)

そんな兄をみた、兄大好きな尚人は自分の無力さに嫌気がさし、
少しでも兄に嫌われないように家庭の事を率先してするんです。

そんな兄大好きな尚人ですが、またまた突然の悪夢が起こります。
それが、大好きな兄と母がS●Xをしていたという青天の霹靂イベント

さてさて、雅紀と尚人の二人はどうなるのか?
二重螺旋の意味とは??


気になった方は是非チェックしてください!!






ページトップ